バイク用LEDヘッドライト バルブ 取り付け方法

バイク用LEDには複数のバルブ規格が存在します。

 

主に使用されているのは、H4規格
切替型と別名で呼ばれ、ひとつの電球でHIGH・LOWを実現できるフィラメントタイプのハロゲン球となっています。

 

H4規格のランプを交換する方法をご紹介致します。
インストールする愛車の電球規格が何なのか?事前に調べておきましょう。

 

バイク本体の裏側からアクセスします

 

目視で判断できますので、バルブ位置を特定します。

 

防水カバーやダストカバーがついていますので、外します。

 

外すと純正球が見えますので、留め金から純正球を取り出します

 

ここまでくるとあとは簡単です

 

LEDを装着します

 

ユニット内に配線を格納してダストカバーで閉じます

 

点灯確認できれば完成

 

 

バルブの交換は非常に簡単です。
各バイクの取り外し方は異なりますが、大まかには上記のような流れになります。
交換したことがない方でも、簡単DIYとして交換できますので一度チェレンジしてみましょう。

 

バルブ交換だけでなく、バッテリー交換など各メンテナンスが自分で出来るようになりますよ。